自動車保険の一括見積もりで最大年間5万円も安くなった事例もあります。無料ですので試してみてください。

保険加入の方法として、通販型自動車保険と代理店型自動車保険があります。

 

通販型自動車保険

通販型自動車保険は外資系に多くみられ、なんといっても保険料が安いことです。
通販型なので保険の営業マンと顔を合わせて説明を聞いたり、契約を交わしたりがありません。
インターネットや郵送でパンフレットを取り寄せ、保険の中身を確認します。
その中で不明な点や詳細を確認したい時は、メールや電話で説明を受ける事ができます。
つまり訪問等がない為、人件費や移動経費が大幅に抑えられる為、保険料を安くする事ができるのです。
多少問題あるのが、万が一事故が起こった場合、現場に駆け付ける事ができないことです。
現場で加入損保へ事故報告をした場合、契約者、事故の相手を問わず、とにかく電話で対応という事になります。
その後、交通事故調査や損害確認を行うのですが、通販型の損保のほとんどは、自社に調査員がいません。
よって、別の提携損保の調査員か、損害鑑定士等に調査依頼を行います。
また、交通事故の内容次第では、被害者と会わないといけない事もあります。
だいたい一つの事故を一人が担当するので、こういった外出があると他の事案が進まなくなる恐れもあります。
しかしながら、顧客満足度としてはそこそこ良いレベルであることから、それなりのシステムを構築しているのでしょう。

 

代理店型自動車保険

一方、国内損保の大半が代理店型自動車保険を採用しています。
このタイプは、国内自動車メーカーの販売店、つまりディーラーを大手代理店としている為、
新車、中古車、車検、その他に合わせて自動車保険の新規加入、継続契約が見込めます。
また、自動車保険専門の代理店もあるので、万が一の事故時でも、連絡を受ければ即現場に駆け付ける事も可能です。
ただ問題なのは、代理店システムを取っている為、代理店手数料が発生してきます。
間接的な費用が通販型と違って多い為、必然的に保険料も高くなってしまいます。
逆に、損保内部との連携がしっかりとしているので、後の対応は非常にいいと思われます。
各損保で、多くの支店に専門知識をもった調査員を配置している為、交通事故調査から損害調査、
場合によっては示談交渉まで行っています。
専門知識を持っているからこそ、一歩も二歩も踏み込んだ対応ができるのも、代理店型の強みとも言えます。
どちらの自動車保険もそれぞれの特徴のあるサービスを実践してますので、
保険料の安さを取るのもよし、万が一に備えての対応を取るもよしだと思います。

 

オートバイの買取相場は>>バイク買取相場

自動車保険の一括見積もりで最大年間5万円も安くなった事例もあります。無料ですので試してみてください。

更新履歴


このページの先頭へ戻る