自動車保険の一括見積もりで最大年間5万円も安くなった事例もあります。無料ですので試してみてください。

自動車保険に加入していないとどうなるか

この場合、当然ながら賠償するのはすべて個人負担となります。
ご自分の損害から、対人賠償、対物賠償すべてです。
ただ、対人賠償については、傷害で120万円、死亡で2000万円までは、強制的に加入が義務付けられている自賠責保険で賠償されます。
これらの額は、はっきり言ってわずかな額であることを理解しておく必要があります。
過失割合の発生する賠償ではこの額を超えた時点で過失が課されます。
過失が小さければ負担は小さくなりますが、過失が大きくなると負担も増えます。
また、全面賠償ともなると、それはもう目も当てられないくらいの賠償義務を負う事となります。
例を挙げてみましょう。

自動車保険の一括見積もりで最大年間5万円も安くなった事例もあります。無料ですので試してみてください。

自動車保険に入っていないと記事一覧

自動車保険に入っていないAさんが自分の車で、信号待ちで停止していたBさんの車に追突しました。Aさんの車は前部が損傷し、修理代に50万円かかりました。Bさんの車は後部が損傷し、修理代に30万円かかりました。さらに修理に2週間かかり、その間代車としてレンタカーを1日5000円で借りていました。また、Bさんは軽い鞭打ちで1週間ほど病院へ通い、その内2日間は仕事をお休みしないといけませんでした。この例は非...
原付バイクを運転中のCさんが、住宅街の中の交差点に進入した時、右側よりDさん運転の高級外車が出てきました。CさんもDさんもすぐに気付き、急ブレーキをかけましたが間に合わずDさんのバンパーに接触しました。Cさんのバイクは接触したはずみでバイクだけが左に倒れました。交差点はどちらにも一時停止等の規制もない為、過去の判例から左方優先が適用されるので、Cさんの過失は4割、Dさんの過失は6割となります。しか...

このページの先頭へ戻る