自動車保険の一括見積もりで最大年間5万円も安くなった事例もあります。無料ですので試してみてください。

追突事故の事例 自動車保険に入っていないと

自動車保険に入っていないAさんが自分の車で、信号待ちで停止していたBさんの車に追突しました。
Aさんの車は前部が損傷し、修理代に50万円かかりました。
Bさんの車は後部が損傷し、修理代に30万円かかりました。
さらに修理に2週間かかり、その間代車としてレンタカーを1日5000円で借りていました。
また、Bさんは軽い鞭打ちで1週間ほど病院へ通い、その内2日間は仕事をお休みしないといけませんでした。
この例は非常に簡単で、保険に入っていないのでAさんの修理代は当然ながら、
Bさんの修理代とレンタカー代2週間分、合計86万円をAさん自身が払わないといけません。
Aさんが自分の車を修理しないのであれば36万円で済みますが・・・・・。
またBさんの1週間分の治療費、お仕事を休んだ2日分の休業補償等は自賠責保険で支払われます。
ただし、車検切れ等で自賠責保険が無効になっていた場合はAさん個人の負担となります。
さらに車検切れ、自賠責保険切れは道路交通法違反で免許停止、最悪は取り消しになる場合があります。

自動車保険の一括見積もりで最大年間5万円も安くなった事例もあります。無料ですので試してみてください。

追突事故の例関連ページ

高級外車に接触事故
原付バイクを運転中のCさんが、住宅街の中の交差点に進入した時、右側よりDさん運転の高級外車が出てきました。CさんもDさんもすぐに気付き、急ブレーキをかけましたが間に合わずDさんのバンパーに接触しました。

このページの先頭へ戻る