自動車保険の一括見積もりで最大年間5万円も安くなった事例もあります。無料ですので試してみてください。

自動車保険を安くするにはを語る前にまず自動車保険について解説をさせていただきます。この後に安くするポイントなどをお話します。

 

 

自動車保険についてまずは知っておこう

安いようで意外と高い自動車保険。

 

すべてにおいて補償、または賠償されるような保険に加入すると、とんでもない額の保険料になってしまいます。

対人・対物保険

自動車保険とは、事故の相手に対する賠償だけでなく、自分に対する補償も併せ持っています。
相手に対する賠償は、対人保険、対物保険となりますが、この二つは自動車保険に加入した段階で適用されます。

自分の補償

次に自分の補償ですが、体に関しては人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車に関しては車両保険です。
人身傷害保険も搭乗者傷害保険も加入段階で適用されますが、車両保険だけは任意加入となっています。
よって、あくまでも任意である車両保険の保険料はかなり高額であるという事です。

車両保険

この車両保険、一般車両保険とエコノミーA保険とがあります。

一般車両保険

一般車両保険は「オールリスク」とも言われ、条件付きで全ての出来事において補償されるというものです。

エコノミーA保険

一方、エコノミーA保険は「車対車」とも呼ばれ、相手が車である事、またその相手の車の所在がわかっている事、が条件で保険適用となります。
ただ、自然災害や盗難、いたずらによる損害も補償されます。
つまり自損事故は適用外ということになります。

 

簡単な説明ですが、この違いだけで一般車両保険とエコノミー保険の保険料は倍近く変わります。
また、車両保険は加入する車の車種によっても異なります。
スポーツカーは初めから保険料が高く設定されてますし、
そうでない車でも、例えば手軽な小型車で前年度に事故発生率の高い車種は、翌年度には保険料が高くなったりします。
市場にたくさん流れている人気のある車種は、当然ながら事故の発生率も多くなり、保険会社のロス率が上がる為、他の事故率の低い車種との均衡を保つため、保険料を上げる事があります。

その他特約

他に、年齢条件、運転者限定、家族限定等の特約をつけることも可能です。

自動車保険の一括見積もりで最大年間5万円も安くなった事例もあります。無料ですので試してみてください。

自動車保険について関連ページ

自動車保険安くするポイント
表面的に自動車保険の説明をしましたが、本題の保険料を安くするポイントとしては、まず基本となる対人、対物保険の賠償額を無制限にするか金額を決めるか。正直この二つに関しては、保険料が上がっても妥協をせず、無制限に加入する事をお勧めします。

このページの先頭へ戻る